チンコを大きくする方法で、1番オススメするのはペニス増大サプリです

あなたは【チンコを大きくする方法】を探して、ここにたどり着いたんじゃないでしょうか?

 

私も小さいチンコに悩み、チンコを大きくする方法を数多く試してきました。

 

その結果、チンコを大きくするためには「生活習慣の改善」と、それをサポートする【ペニス増大サプリ】の活用が一番おすすめだ、ってことが分かりました。

 

このサイトでは、私が実際に試してきた「チンコを大きくする4つの方法」と、本当に効果のあるペニス増大サプリを「口コミ」順に、「ランキング方式」で紹介していきます。

 

あなたもこのサイトで、チンコを大きくする方法とペニス増大サプリについて正しく学んでいってもらえると嬉しいです!

 

では参りましょう!

 

チントレでチンコを大きくする方法について

チントレ(チンコ増大トレーニング)には、大きく分けて3つのチンコを大きくする方法があります。

 

  • ジェルキング
  • ミルキング
  • PC筋トレーニング

 

ジェルキングはローションやジェルを使用してペニスを半勃ちにし、人差し指と親指でOKマークを作りペニスの根元を握ります。

 

ゆっくりと亀頭の方へと血液を送る感じてスライドさせ、亀頭の手前まできたら指をはなして逆の手で同じことを繰り返します。

 

ジェルキングのポイントは、ゆっくりとスライドさせるのがこつで、強くしごくとあまり意味がありませんから、ゆっくりと圧迫を加えながらスライドさせます。

 

圧迫とスライドを同時に行うことでペニス増大効果が期待できます。

 

ただ気を付けないといけないことは、ジェルキングのやり方を間違えると皮だけが伸びてしまったり、ローションが少なすぎると滑りが悪くて痛みを生じる場合がありますから、たっぷりとローションを塗りゆっくりとスライドさせるようにしましょう。

 

ミルキングはペニスを半勃ちにし、左手の人差し指と親指でOKマークを作りペニスの根元を握ります。

 

右手でゆっくりと小指・中指・人差し指の順に根元から亀頭側へ握り、牛の乳を搾るような感覚で血液を根元から亀頭部分へと送ります。

 

亀頭に血液がたまった状態をキープしするというのを繰り返すことで、亀頭やカリ首のサイズアップをはかることができます。

 

PC筋はペニスの奥にある筋肉で、ここを鍛えることで勃起力を高めることができます。

 

ペニス増大手術でチンコを大きくする方法について

ペニスは勃起時に3センチ程度あれば十分セックスを行うことは可能ですが、どうしても短小の場合コンプレックスを抱えてしまう男性も少なくありません。

 

チンコを大きくする方法である「ペニス増大手術」にはいくつかの方法があり、長径術は体内に潜っている陰茎本体の部分を外に引っ張り出すことで長く見せる手術です。

 

ただこの手術はペニス本体を長くすることはできません。

 

勃起は海綿体に血液が流れこむことで大きくなりますが、長径術は海綿体の血管を増やしたりすることはできませんから、勃起時のペニスが大きくなることはないので注意が必要です。

 

脂肪注入法は自身の下腹部や太股の余分な脂肪を使用して、陰茎部を増大させる手術で、違和感やアレルギー反応などもほとんどなく確実にペニスを大きくすることができます。

 

効果は永久的ではありませんが、30~40パーセント程度のペニス増大が可能です。

 

亀頭増大はヒアルロン酸を亀頭のカリ部分に注入してボリュームをはかる手術で、ペニスを太く・強くすることが可能で、亀頭増大の最先端注入法となります。

 

ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分ですからアレルギーの心配もほとんどありませんし、体にも安全な成分として米国FDAでも認定されています。

 

ペニス増大器具でチンコを大きくする方法について

海外ではチンコを大きくする方法として、牽引型のペニス増大器具がスタンダードな商品となっています。

 

牽引型の増大器具は器具を装着して引っ張ることで、ペニスを長くすることができます。

 

ただ長くすることはできてもペニス全体を大きく太くすることはできません。

 

ポンプ型の器具は筒の中にペニスを挿入して密閉して真空状態にし、強制的に陰茎の海綿体に血液を引っ張り込むことで大きくすることができます。

 

筒のサイズを太さに余裕がないものにすることで、上に引っ張られてペニスの長さを長くすることができますし、筒に余裕をもたせることで横方向にも引っ張られてペニスを太くすることができます。

 

ポンプ型のペニス増大器具は良いこと尽くめのようですが、きちんとペニスにあったサイズの筒を選ばないと皮だけが吸引されて皮だけが伸びてしまいます。

 

また亀頭が鬱血してフグのようなこぶができたり、あざができることがありますから、十分注意をする必要があります。

 

またどんな増大器具も即効性はなく、徐々に大きくすることができますから、最初は無理せずに10分程度の抑え、徐々に吸引時間をのばしていくとよいでしょう

 

また陰茎自体が成長するまでにやめてしまうと、ペニスが元に戻ってしまいますから、器具と同時にペニス増大サプリも組み合わせると効果的です。

 

ペニス増大サプリでチンコを大きくする方法について

ペニス増大には、アルギニンやシトルリン、亜鉛、マカといった成分がポイントとなります。

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で血管を広げる働きをする一酸化窒素を生成し、血行を改善する効果を発揮しますから、海綿体に流れ込む血液の量が増え、結果的にペニス増大が期待できます。

 

また成長ホルモンの分泌にも関わる成分で、テストステロンの分泌量を助ける働きもしていますから重要な成分といえます。

 

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種で、動脈硬化などによる血管や血流の問題に改善効果を発揮してくれる成分です。

 

シトルリンはアルギニンと同じように一酸化窒素を生成して血管を拡張する働きもありますから、同時に摂取することで相乗効果によってより高いペニス増大効果が期待できます。

 

亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれる成分で、男性ホルモンの一種であるテストステロンの生成を活性化して、精子の量を増やします。またペニス増大にも欠かせない成分といえます。

 

マカは南米に植生している植物で、古くから滋養強壮効果をねらって用いられてきました。マカにはアルギニンや亜鉛などの成分が含まれていますから増大効果が期待できます。

 

このようにペニス増大には効果的な成分がありますから、これらの成分が配合されたサプリを選ぶとよいでしょう。

 

生活習慣の改善でチンコを大きくする方法について

チンコを大きくするには生活習慣も大切です。

 

男性は40代を超えると勃ちが悪くなったと感じる人も少なくありません。

 

勃ちが悪い原因としては、血流の低下や心の不安からくる勃起不全があげられます。

 

血流が低下するとペニスに送る血液が少なくなってしまい勃起しにくくなってしまいます。

 

血液の循環をよくするためには体をあたためたり適度な運動を行うことで循環を改善することができます。

 

またスクワットなどの下半身の筋トレを行ったり水分をしっかりと摂取することで代謝をあげることも大切です。

 

心の不安からくる勃起不全は、緊張や心の不安からくる心因的勃起不全で、中折れしたらどうしよう、うまくセックスできなかったらどうしようなどといった不安を感じることで、性的興奮を脳が感じることができなくなり、勃起しなくなってしまいます。

 

運動不足になると筋肉が機能しにくくなり血流も低下してしまいます。

 

また脂っこい食事が多いと、血液がどろどろになったり血圧があがることにつながり、その結果勃起しにくくなってしまいます。

 

そのため食生活を見直して、野菜や魚中心の食事に切り替えたり、こまめに水分を摂取するようにしましょう。

 

またアルコールや喫煙も血流を悪くして勃起しにくくなりますから、生活習慣を改善することがペニス増大にもつながります。

 

日本人の平均ペニスサイズについて

男性にとってペニスは男のシンボルと言われていますが、ほかの男性と比較して優位性を確認したりすることも少なくありません。

 

日本人の平均ペニスサイズはいくつかのデータがとられていますが、有用なデータとして確かなものはそれほど多くはありません。

 

その中でも、50万人分のデータから日本人の平均ペニスサイズはペニスの長さが13.56センチ、亀頭部分の直径が3.53センチ、竿部分の直径が3.19センチだと言われています。

 

世界的に見ると日本人の平均ペニスサイズはグローバルサイズには少し及びませんが、アジア圏としてはそれほど小さいとはいえません。

 

男性はペニスの太さや長さにこだわりますが、女性は太さや長さよりも硬さに一番こだわるといわれています。

 

どんなにペニスが大きくても勃起が半端だったり中折れをしていると女性は自分では興奮しないのかと不安に思ってしまいます。

 

一方多少ペニスが小さくでもガチガチに硬く勃起していれば男性が興奮していることを感じることができますし、女として見られていると女性の気持ちも満たされます。

 

また硬いペニスは膣内から圧迫感や挿入感をダイレクトに感じることができ、快感にもつながります。